大人だって、本気で遊んでもいいんじゃない!?

2017年に30年ぶりに復帰したミニ四駆の話題を中心に、アクアリウムやモンハンなどけっこうガチなホビーについて学びや持論などを書いていきたいと思います。

【ミニ四駆】出先でのピット環境を整えてみました

こんにちは。世の中はお花見真っ盛り。そろそろ葉桜なのがちょっとさみしくなってきたジョニーです。

いやー、気づいたら前回の記事からだいぶ日が経ってしまいました。4月になってしまいましたが、SPRING 2018 東京大会2に向けて頑張っていきたいと思います。

今日はミニ四駆の大会、特に公式の東京大会のように屋外で使えるコンパクトな椅子とテーブルを紹介したいと思います。

それから、FORCE LABOなどに練習に行く時に持ち込みたい親電源について、書きたいとおもいます。

折りたたみ式のコンパクトな椅子とテーブル

こんなにコンパクトなのはありがたい。両方で5000円かかってないのはすごいコスパ。

広げて組み立てるとこんなかんじ。けっこういい感じの座り心地です。実際に使う部屋はJCJC設置してめちゃくちゃ狭くなってるので、コースの中に椅子とテーブル置いて作業できるのはありがたいです。

そして、実はこの椅子すわってモンハンもやってたりします 笑

次の公式大会には、この2つをコンパクトにしてリュックに詰めて持っていく予定です!

こちらのSサイズを買いました!

椅子はブルーです。

ほんとは・・・ヘリノックスが欲しいなぁ

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

こちらはなんと椅子だけで1万円超えw かなりお値段違うので、今回はMoon Lenceというメーカーのやつにしました。

親電源はこれを買いました

FORCE LABOなどのショップは電源使えるのですが、自席まで引っ張ってこれないことも多いのでめんどくさいと感じるようになりました。

なるべくコンパクトで、出先で利用できる親電源を検討した結果、こちらの商品にすることに決めました。

実はこれ、車用のジャンプスターターです。Energizerと同じくらいの大きさで、容量も8000mAhとそこそこなのが魅力的で思わず買ってしまいました。3900円くらい。

ただ、12Vの出力はEC5というコネクタ(車の絵の書いてあるフタの中にある)のため、Energizerに電力供給するにはDCプラグに変換してやらないといけないのです。

そこで、EC5メス、L字DCプラグ(外径5.5mm、内径2.5mm)を購入しました。とりあえずクリップでつないで通電してみたところ、Energizerで充電できました。あとでちゃんとコネクタに線をハンダ付けして使う予定です。

まとめ

椅子とテーブルは省スペースなピットとして、自宅でも活用してます!

親電源の方は、次回ショップに行く時に持って行って使ってみようとおもいます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。